バガボンド和歌山

ARTICLE PAGE

映画のセリフについてメモ

●黒沢清さんのコメントかな?
私たちのじっさいの会話では、今何コマの間合いをおいて自分は喋っている、などとは考えない。しかし映画は、ふだん意識されないそうした細部の領域を、具体的な感覚として確かめていく。
ところが今日のように、映像の主だった体験がテレビに移ると、このあたりがどんどん曖昧に見過ごされていく。
( 中略 ―― 現代は)どんどん会話の速度があがっていて、誰もがせわしなく喋りつづけているという印象をぬぐえない。70

(役所広司さんや浅野忠信さんに)いい続けたのは、もっとゆっくり喋ってください、ということ……本人を不安にさせるほど言い続けた。映画になると不自然には感じられないんだ。(映画の中でのセリフは、さまざまな映画のエレメントを引き込む隙や間がなければならず)それに要する時間を用意しておかなければ、言葉が素通りする。(この点に関心がないテレビの場合、往々にして言葉が受け止められず、放送が痩せていく一方だ)106


















メメ

関連記事
スポンサーサイト

Comments 0

Leave a reply