バガボンド和歌山

ARTICLE PAGE

テレビ台10/抽斗の側・先板と無垢板の木取り

IMG_1803.jpg



------------------------------------
抽斗の側・先板を切り出し、加工する
------------------------------------
いもはぎした板から切り出す
・手押し
・自動で厚決め(15mm)
・昇降盤で幅に割る(82mm)
・横切りで長さを決める(275が4本、230が2本)
・切り出した板の使いどころと前後を決める→スミ
 (先板に向かって順目になるように。抽斗を出すときにスムーズであることが重要)
・横切り→側板を間口に実寸あわせで切り出す。0.5mmぐらい隙間が出来るように


※昇降盤ヒント
1.材料が長いとき(常盤から尾が長く出るとき)親指を材に載せ、残りの四本の指を拳にして下から当てる。手が常盤に当たる手前で、いつもの手の形にし、刃の横から前に通すと送りやすい。
2.右手の格好 ―― 材料を定規に押し当てるとき、右手の親指は材料の中心線から左に当て、斜め右に突き出すように力を加えると材を直線で送ることができ、ブレない。




IMG_1775.jpg



------------------------------------
無垢板の木取り ~3.4m×230mm×33mmのタモ材を使う
------------------------------------
※雨の日は注意
無垢板は洗い→乾燥→木取りの手順になるので使う前の日に用意しておくべき。ただし、雨のときはNG。木がねじれたり曲がったりする可能性が高い。

●木取り
<材料費の計算>
縦(m)×横(m)×厚(m)×へーべ単価(万)

・木取りのチェックポイント
同じ作業をまとめてできるように(切る回数が少なくなるように)
必要な材料の寸法+3~5mm(長さは+10)はマージンをとる
反りを考え、長辺を先に切る

・切り出す材料
243×91/2枚
243×30/4本
391×30/4本
(幅と高さは3~5mmで切り出す。長さは+10mm。見付けは20mmにする)

無垢板を洗う→寒い季節は2時間は干しておく

端を30mm切り落とす
横切りで486と391に割る
リッパーで長さに割る(486はそのまま)
手押し→自動
横切り→486を243の二枚に割る



IMG_1761.jpg






2015_1113
関連記事
スポンサーサイト

Comments 0

Leave a reply