バガボンド和歌山

ARTICLE PAGE

テレビ台13/引き出し回りの加工02

IMG_1815.jpg


------------------------------------
側・先板の寸法取り
------------------------------------
側/ほぞ先から263mでカット
(奥行きまでが263.今回は前板かぶせなので隅木や底板で、引き出しの奥行きを調節する必要がない)
先板/間口+3mmでカット


------------------------------------
底板の溝を突く
------------------------------------
)昇降盤で側・先板
下辺から5mm・深さ6.5、で溝を突く。

)トリマーで前板
上で加工した側板を前板のほぞに差しこみ、底板のスミを拾う。
トリマーの刃を3mmに取替え(二年の赤棚、「トリマー」という小箱に替えが入ってる)る。
深さは6.5mmなので3.3mmづつ、二回に分けて穴を掘る。
 →二回目は削りクズを飛ばすため二往復させる。



IMG_1822.jpg



------------------------------------
あられ(コーナーロッキング)~側板と先板の接合
------------------------------------
●どこに刃があたるかを確認する
不要な合板を二枚
左と右で確認の加工をする
 (上下どちらも使ったら横切りで切り落とす

 ・刃の横位置 ―― 部品の溝や端の形状・位置と合ってるか見る。横にずらしたい場合、「1.ボルトを緩めて定規を動かすやりかた(動かし終わったら必ずさしがねで矩を見る)」と「2.動かしたい距離にリサイズした不要材を、定規と部品との間にはめ込む」やりかたがある。

 ・刃の縦位置 ―― 材料の見附に再調整。

 →うえの二つがOKなら加工を始める

●操作法帆
※以下、右と左の山は同じ高さにすること
合板を敷き(毛羽立ち防止)、その上に材料を置く
 →加工する側は材料を突き当りまで、しない側はクランプの位置まで差し込む
  →クランプをきつく締める

加工をはじめる→
左下のレバーを外側に踏んでおく→右のスイッチONにする
 →左レバーを内側に踏む→スタート→台が昇って降りる→左レバーを外側に踏む→停止
  →右下のスイッチをOFFにする
   →加工がおわる

●昇降盤で先板の幅決め
1.加工した側板のあられに、先板のあられをつきつける
2.溝と逆側を見ると、先板がはみ出ている。側板の際にあてて切り落とす(実寸あわせ)。
 →ぴったりにリサイズ
3.1同様、側と先板を付き合わせ、溝側を見る。先板のほうが外にはみ出ている。ここを実寸あわせで切り落とす→終わり



IMG_1827.jpg





めめ


関連記事
スポンサーサイト

Comments 0

Leave a reply