和歌山バガボンド  ~読書と木工、ときどき空想~

黒髪ボブの三十路ピーターパンがWakayamaライフを着流しでスケッチ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

テレビ台19/戸板の取り付け ~丁番の施工

0   0

IMG_1907.jpg



------------------------------------
戸板の取り付け ~丁番の施工(間口にハメコミ型は10月のメモを参照)
------------------------------------
丁番は溝が掘ってあるほうが本体に付く。
溝から際までの幅を部品にうつす。
畳んだ見付け厚を戸板に掘る(-0.5が基本)。

1.スミ入れ
戸板の枠、丁番を付ける側にスミを入れる。丁番一個分のマージンを取る。そのラインはけ引き。あとはそれぞれの部位に使う丁番を当てて実寸でスミ入れ。

※スミ入れが終わったら戸をつき合わせ、位置を確認する。

2.掘り込み
スミの左右に切れ込み(ノコよりノミがいい)。
トリマーで溝を掘る
ノミで矩形に掃除

3.取り付け01
左の戸)
戸板を本体にあわせ、だいたいの高さに据える。
上の丁番、上の穴から「キリで先穴→ネジの入れ込み」。
そこで高さを見て、下の丁番の上の穴の位置を決めキリ→ネジ。
戸板の高さが決まったら、すべての丁番の穴にキリ→ネジ。

右の戸)
左と同じ工程・要領で進めるが、今回は全被せの戸のため、左の戸の上辺・下辺のラインと照らし合わせながら。



――


『消えてしまいたくなる凡ミス』
またやった。
【 1.スミ入れ 】のけ引き、戸の上下に同じ位置にスミが入ったのに、戸を裏表前後左右させてるうちに頭のなかでシェイクされ、すべての丁番をスミから内側に置かなければならないところ、四つのうち三つを外側に置いた。この失敗によって三つの丁番は際から三つ分の位置に置かれ、正しく取り付けた一つがあたかも間違いのように見えた。この間違いにトリマーで切削するときも取り付け時にも、仕上がって写真を撮るときにも気づかなかった!!!!

白熱したバド会から打ち上げのラーメン、運動と食事を堪能してシャワー浴びて一杯呑んで気持ちよく「もう寝るだけだー」とのんびりしながら写真を見返してて、ようやく気づいた……折れるところなんて残ってないっぽい心が複雑骨折する音が聴こえたようだった、ミスに気づいた瞬間だ ―― ……え? 丁番の位置、これなに? 左右で違くない? 違うっていうかいやぁこれは錯覚でしょー写真に変に写っただけでまさかまさか……ま、さ、か……やらかしてるじゃん……至福から奈落に突き落とされる気分。突き落とされるったってテメェでやらかしてるんだから世話ない、おれが悪い、ほかの誰のせいじゃない。突き落としたのは自分だ。確認を怠り、凡ミスを繰り返し、バカみたいな結果を招く1本ヌケてるヌケ作のおれのせいでしかない。

焦ったり、早くすすめたかったり、大丈夫大丈夫……と思い込んで製作することの危うさを、おれはこのテレビ台のシーズンでなんど書き、念仏のごとく唱えたか。にも関わらずこの体たらくだ。参った。苦しい。努めてるのに雑魚過ぎる失敗を繰り返す自分であることが苦しい。

このバカミスは消さないつもり。キレイに(見た目でわからないように)ごまかすと痛い思いも薄れ、なんとかなった……という安堵感に取って代わられる。それじゃ身につまされないし、すーっと流して終わってしまう。一ヶ月も取り組んだ製作の結果、はじめての製品に痛恨のミスが刻まれてるのはしんどい、家に置いて毎日目にするテレビ台がダメな自分と面と向かうブツになるのはきついことだけど、二度と繰り返したくない、繰り返したくない、繰り返さないと書いても書いてもヤルのがおれだとしたら、ここはナシにせず、見るたび教訓を引き出す機会にしよう。

スミを入れたら左右を付き合わせ(部品を照らし合わせ)、すべてに正しくにスミが回ってるかを見ること。
この作業を怠ったら一生もののきつさになったりする。次からそうやろう。ミスをする体質はすぐに変わらないかもしれないが、ミスを回避する技や習慣は身に付けられる。覚えよう。

と反省と教訓を記したけれど、ちがう……スミの外側に丁番をあててスミを入れても「際から三つ分の位置に置かれ」ることにはならない。もしこうやってスミを拾ったら丁番の際は戸板の際に届くだろうし、さすがにおれも間違いに気づく。では丁番が際から三個分のところに付いたのはなぜだ? スミの位置の左右に丁番を置いたんじゃないのか? そんなはずあるか……け引きでは同じ距離にスミがまわってるんだ(戸板の際から65mm)、それなのに三個分も離れるって……原因がわからない。

月曜に確認するけどメンタルがきついっす。情けない。きつい。






IMG_1910.jpg






meme

関連記事
スポンサーサイト

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://bibobibobibo709.blog.fc2.com/tb.php/116-70fdf2e5
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。