バガボンド和歌山

ARTICLE PAGE

テーブル01/設計・フラッシュ


●天板・下桟の板、見取り図を書き、加工の準備

・天板のフラッシュ
長さ1379/幅408/厚24(芯材の厚18+4mm合板が表裏で2枚)

・下桟のいもはぎ
700/90/28


●合板の切り出し
・天板/1386×416 2枚→フラッシュに貼ってプレス。並び三台を稼動→中央から下降させる。
・下桟/778×94 3枚(底板は二枚重ね→厚を28mmに。むく材と厚をあわせてる)


<アドバイスとユリイカ>
ア.昇降盤で合板のような薄い材料を割るときは、湾曲した弧の面を上に向ける。
ユ.いもはぎ用の芯材もフラッシュ用といっしょに自動にかけたが、本来は「厚20mmを手押し→いもはぎ→自動」だった。







mem
関連記事
スポンサーサイト

Comments 0

Leave a reply