バガボンド和歌山

ARTICLE PAGE

スライド丁番の実習02

IMG_2137.jpg



天・地・側×2・方立×2を箱に組む。
まず天地にビスの先穴用のスミを入れ→穴。
側の二枚を垂直に立て、その上に地板を載せ→両側を緊結。

方立と天地板になかなか矩が入らずに苦戦していたら、職人さんが話しかけてくれた。
「スミがきちっと入ってて、先穴が垂直に通っていたら、あとはスミに部品をあわせてネジをもむだけ。難しいことになるのはこういった基本のどこかにズレやネジレがあるからだよ」
基本が大事だという話は講習の最後にもあった。
ノコ、ノミ、鉋 ―― 木工三種の神器の使い方とその加工の精度ですか、と尋ねたら「そうだね。とくにビスの先穴はハンディマシンで簡単にできるので注意が必要。垂直に降りてないと本体が傾いたり捩れたりする原因になるから」と教えてくれた。

スライド丁番自体の取り付けは簡単で、工程や手順はだいたい頭に入った。しかし加工と調整のテクニックがおれにはまだない ―― 六枚の戸の隙間をそろえ、位置を平らにし、凹凸も均して製品化するまでには訓練が必要だと再確認した。



IMG_2141.jpg






meme
関連記事
スポンサーサイト

Comments 0

Leave a reply