和歌山バガボンド  ~読書と木工、ときどき空想~

黒髪ボブの三十路ピーターパンがWakayamaライフを着流しでスケッチ

MoroTV.03/フラッシュの加工03・スミ入れ01

0   0

●リサイズ
パネルで耳かきし、矩を入れる。調子にのって(昇降盤めんどくせぇ)幅も決めたら担任にチェックされ「(パネルソーなんて)幅決めるもんやないやろが! やってみせたことあるか? 見てみぃ、ズレとるやないか」とドヤされる。
たしかに、机上に並べられた数枚の部品、下辺にいくに従って紙数枚分の誤差でガタガタになってる……

耳かきは矩を入れるまで。幅きめは「横切り&昇降盤」でやる。

●スミ入れ
全六枚の部品、裏や表、あるいは両面にみぞやほぞの隅を入れていく。
ダボもいまの段階で空けておく。

※棚の高さが239mmで、あれ……このままでいいのかも……ってオーナーに確認しなきゃならなくなる。棚を一枚いれたら上下のスペースが100mmぐらい。こんな狭い棚、いるんだっけ……さきに気づいて聞いておくべきだった……
→今回は「棚あり、ダボで可動式」に決着。予定通り。明日から下準備に入る。




めめ

関連記事
スポンサーサイト

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://bibobibobibo709.blog.fc2.com/tb.php/135-b3b27280
該当の記事は見つかりませんでした。