バガボンド和歌山

ARTICLE PAGE

MoroTV.14/脚部のほぞ、穴

IMG_2457.jpg


●スミツケ
幅60mmを4等分→15mmに割る
長い材料(幕板)を二つほぞ、短いほう(横桟)を一つほぞにする。

<ほぞ>
筋け引きで14.9mmに割ってく(幅が59.5しかなかった)
幕板/基準から●×●×
桟/基準から×●××

※×のところは尾根(5mm→3mmでもよかったらしい)

小口は8mm/9mm/8mm

幕板、桟で一本づつスミが入ってれば加工はできる。
 →胴つきの20mmはすべての材料に


IMG_2456.jpg


<あな>
ハタガネで4本脚を束ねる
4本脚を位置に配置。「幕→M」「桟→S」のスミ。基準側にわかりやすくシルシ。
角分の2mmに14.9mmを足し、穴のスミを入れてく。
深く掘るところには●などスミを。

※見付け29mmの脚の<真ん中>に9mmの穴を縦に並べたが、これをもっと際に寄せ(脚と幕板・桟の段差は1mmあればよかったらしい)、そのぶんほぞを長くするのが強度的に正解だと教えられた。


―― 角のみで穴掘り
盤下(右)のストッパを外し、ハンドルの中ハンドルで台を前後調整。
深さを決める。当て材を挟むもよし。
材料は手前定規の中央にあたるように設置。
定規に基準をあて(絶対確認)、両脇はスミぎりぎりで掘る。


IMG_2455.jpg





meme
関連記事
スポンサーサイト

Comments 0

Leave a reply