和歌山バガボンド  ~読書と木工、ときどき空想~

黒髪ボブの三十路ピーターパンがWakayamaライフを着流しでスケッチ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

厚肉ヒップを木の棒でペンペンペン ~松浦俊夫とスティーブ・ライヒ、マンディアルグ~

0   0

ライヒ、ロイ、ミニマルミュージック、和歌山


ライヒ&ヘインズ



ロイ・ヘインズ(Roy haynes)

9/28の『TOKYO MOON』(U・F・O松浦さんのDJが聴けるラジオ)でオープニングタイトルだった Steve Reich(スティーブ・ライヒ)の『Six Pianos 01』
( Gregor Schwellenbach, Hauscka,Daniel Brauer,Paul Frick,Erol Sarp,Lukas Vogel,John Kameel Farahのアレンジバージョン)はフルセットが放送されていた。
このときの尺は20分越え。
60分の音楽番組で20分を越える楽曲をかける松浦さん、ライヒの音楽の質、アレンジのクオリティ ―― いいなーと思いながら聴いてた。

松浦俊夫『TOKYO MOON』セットリスト


スティーブ・ライヒ


ミニマルミュージック、基、あらゆるループミュージックの開祖とも言えるスティーブ・ライヒも80歳を越えたらしい。
ダンスチューン、ビートがループする音楽が市民権を得て、サカナクションやくるりなどポップシーン&ポップミュージックにも多用される現在、ミニマルミュージック? なにそれ? というリスナーでもライヒの曲を聴けば近しい楽曲が思い浮ぶはず。

ライヒのループ音楽は基本的に生音、演奏してるのは人間だ ―― という事実を思い出しながら聴くと、彼の曲の(演奏楽団の)超絶技巧や生音の重なりと離れのなんともいえない聴き心地、さらには人間が演奏することによるリズムや強弱、声音、楽音の出所の微妙なギャップが味わえる。完璧でも完全でもないものが(こそが、って言いたい)心に沁みるという好例。

みなさんにとってライヒの音楽はどんな感じでしょう。


ライヒの作品はYOUTUBEにもたくさんUPされてるので馴染みのない方、関心ある方はぜひ聴いて欲しい。ライヒの旋回するクラシックミュージックは聴いているだけで心地よく不思議な感覚になれるし、音楽シーンのみならず芸術や思想への影響も大きい。

2、3年前だったか、ライヒが国立音大に来たんだよなあ。

ロイ・ヘインズの話を書こうと思ってたのにライヒのメモになった。
ロイ・ヘインズがリーダーのYOUTUBEもかっこよくて冒頭に挿入したんだけれど、収録が20分を越えてたので、あ……20分といえば……ってラジオの件とライヒのことを思い出し、そういえばヘインズの年齢って幾つかなーと調べてみたらびっくり、80歳になったライヒより10歳以上も先輩?! レ、レ、レジェンド!


ライヒの作品



代表作の代表的演奏曲集から聴いてみる、という入門コース



ライヒの演奏といえばバカテクのプロ集団<クロノス・カルテット>
『ディファレント・トレインズ/エレクトリック・カウンターポイント』は
<クロノス・カルテット>のテクニカルかつ扇情的な名盤



アンドレ・ピエール・ド・マンディアルグ


冒頭にUPしたTUBEのロイ・ヘインズの演奏、始まりのトーンに通じるものがあったマンディアルグ『小さな戦士』の一節を引いてみる。

そこできみは、気を失った美女の顔が鋼鉄に触れてかすり傷を負わないように気を配りながら、兜をはずし、鞅(むながい)のところに蝶番がそなわった、コルセットに見せかけるような後ろのほうで開くようになっている銅鎧の留め金をはずした、次に、指先でせいぜい優しく小さな女の腰のあたりをつかんで、きみは武具の残りの部分から全身ごと引き出した。その仕ぐさは、きみも気づいたように、小蝦《こえび》のよく肉のついた尻《し》っぽを甲殻から抜け出させる、あのお馴染みの仕ぐさとまったく違いなかった。女が身にまとっているのは今では下着一枚きりだ、それはきみの目にはたいそうきめのこまかい織物でできているように見えるが、じっさいはこわい布でできており、裾は太腿の中ほどまでしかなく、まぶしいばかりの胸部のまろやかなふくらみを質素に包みかくしている。 
『小さな戦士』マンディアルグ 生田耕作訳







ロイ・ヘインズのスティックが小エビの尻をペチペチ叩いてるようだった、というわけではなく、甲冑をはずした戦士の体から匂いたつ汗の蒸気が見えるような ―― 惹かれる演奏は見えないものが見えたり(そんな気が)する。


マンディアルグ~フランスつながりで最後はシャルル・アズナブール





関連記事
スポンサーサイト

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://bibobibobibo709.blog.fc2.com/tb.php/169-44a640cf
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。