バガボンド和歌山

ARTICLE PAGE

バガペディア『狼煙(のろし)』

バガペディア

バガペディア


『狼煙(のろし)』
------------------------------------
モノを焼くことで煙を上げ、それを離れたところから確認することによって、情報を伝達する手段。
夜間は火、そのものも使われる。
中国ではオオカミの糞、モンゴルでは羊の糞や石油、日本ではヨモギやワラが使われた。
------------------------------------
烽火、狼火(ろうか)、狼燧(ろうすい)とも言う
------------------------------------
見えるものと見えないものゆらめき
煙が人や視線をつなぎ、導く
知らしめる道具だが消えるマーク
一過性、瞬間性、絶え間、流される
戦場に焚かれれば敵にも認知される
------------------------------------
(bagapedia-noroshi)





狼煙



[ロエン] ROEN 狼煙 サングラス RS 7003-3 国内正規品



藤原製麺 埼玉狼煙濃厚醤油つけめん 117.8g×10袋




スポンサーサイト
狼煙のろし烽火狼火ろうか狼燧ろうすい

Comments 0

Leave a reply