バガボンド和歌山

ARTICLE PAGE

【 トワイエ0006 】フェアな性向

sayler_1_905.jpg


●書いていいこと
「好きで、続けてきていて、これからも関心が失われない事柄」
トワイエは口述のリハビリ施設なので好き勝手書いていくし、一筆書きもやめない。でも、ここでやってるメモを原稿に仕上げるなら、そのテーマや話題に関しては、やっぱり責任の取れる範疇というか ―― わからないことはわからないんだし、書くなよ、と。
いや、わからないことが消える/無くなるなんてありえないけど、「全部わかってる。完璧。物知り。断定、断言」なんて奢りたかぶりもはなはだしくて大嫌いだけど、「わからないことがどれだけあって、わからないのはどのあたりの事柄で、どれくらいのことは知ってるのか」に見当がつくジャンルや話題、経験に絞るべき、取り扱い話題はさ。
そうじゃないかなーと。
限定することが大事だし、最低限のマナーだよなーと思いました。
ついつい「知ってるぜ!」って口走るし、知ったかぶりもしたくなっちゃうんだけどさ。
情けないね。
見得も自己啓示欲もある、肥大するほどに。
褒められたい。マジでさもしい根性だわ!


sayler_3.jpg


●フランスの小説家メイリス・ド・ケランガル
カンマを多用するアグレッシブな文体を駆使し、若者の群像、恋愛模様やサーフィン、臓器移植のテーマを描ききった小説の日本語翻訳本よりさきに、この作品を原作にした映画が日本公開される。
「あさがくるまえに」。
見たい……。
でも、この地域では上映されない。
スクリーンを5個も10個も備えるバカでかい映画上映施設が複数あったって、そこではなにひとつ「映画」が上映されてない。映し出されてるのは芸能人やアイドルのPVと遺産の盗掘、ガラクタばっかり。盗掘作品 ―― ドラマの焼き直し、マンガ原作の茶番劇、リメイク作品という瓦礫……映画づくりは金儲けの手段に貶められた。
腕に覚えのある映画職人、本物に痺れて映画業界でキャリアを積んできた人たちは、いまどんな気分なんでしょうね。もしも生活のためだからって言ったら、ぼくはね。
オマエの生活のことなんか知るか! 
映画のプロなんだろ? 
大人がちゃんと見られる映画を作れよ! 
おまえが刺激され、影響を受け、たくさん勉強したような傑作を作れっていうの!
というわけで「おまえも同罪だよ。クズが」って思いますよ。

いま住んでるのはどこでも車で行ける地域だし、混雑も少ない。そういう面ではストレスが軽くて助かってる。でも、文化的な面では……田舎というか、都市部以外の文化的なものの扱い、必要とされてなさ、いや、もしかしたらPVや金儲けのための映画以外知らない? ニセモノや程度のよくない映画を、ほんものの映画と疑わない人たちなのか?

A/もっと別の世界や深み、傑作があるんだっていう事実を知る機会がなかった

B/あることはわかってるけど知ろうとせずに生きてる

Aなら、まだ救いがあると思う。
でも、ここって選挙があっても国民を馬鹿にしてる首相に引率された集団に投票する連中が大半の土地。となるとBか。
いくら映画に関心がないからって、チャラチャラした芸能人が演技経験ゼロのまま主演する映画はクズだって感じとるだろうし、子供じゃないんだから。
でも、映画なんて生活に必要じゃなかったり、忙しくて見てる場合じゃなかったり、見るにしても本物じゃなくていいやっていうか、ウイスキーでいうと水割り? 焼酎の味がする石油? 安上がりだし、簡単だし、なんとなくそういう雰囲気がある代替品で紛らわせてるのでしょうか。
紛らわせるって感覚があるなら、まだ、どこか「本物に触れたい、味わいたい」と思ってる証拠。
どうなんでしょうね。


sayler_2.jpg


ミサイル
北朝鮮のミサイルが北海道や東北に着弾しなくてよかったですね。でも、海中の生物がたくさん死んだと思う。冥福を祈ろう。破片や燃料のカスで海が汚れもしただろう。

ミサイルが飛んできたからって、それで不安になったりするまえに、いちど考えてみたい。

ミサイルが飛んできたので、迎撃しなきゃとか、やっぱり日本軍が必要でしょとか、それは政府の思うつぼだ。
武器や兵器なんて、あなたのことも、あなたが大切にしてる人のことも、実際は守ってくれませんよ。
戦車や戦闘機、ミサイルの配備なんてそんなもの、仮想敵国へのはったり、および「これだけ準備して、みなさんを守ろうとしてます」っていう国としての言い訳・言い逃れ=国民への印象操作に過ぎない。

政府筋は「ミサイルが飛んできました! もうヤバイです! サイレントかもガンガン鳴らすので国民総注意お願いします!」と騒ぎ立てて、交戦中・不穏・緊急事態ってミスリードしようとしてるけど、冷静になろう。
ミサイルで自分が死ぬ確率は宝くじに当たるより低い。
いや、数値は知らないけど(笑)
その程度じゃないですか? 
日本政府はやりかたがズルくて汚いので、印象操作しようとしてるけど、ないない、ミサイルが当たるなんて、ない。
ミサイルにミサイルぶつけるとか軍備が必要だとか、そんなの国と国の面子の話だし、憲法変えなきゃならないほど緊迫してるって話の裏づけにしたいだけでしょ。
ほんとに危機が迫ってるっていうなら、具体的な数字や展開を見せて/教えてくださいよ。

ありますか?

首相や官房長官は「迫る危機」「激化する他国との折衝」「変化する現代」「緊迫する政治状況」って散々言ってますけど、「残念だけど●●頃、中国がこういう風に攻めてくるんで……北朝鮮が侵攻してくるんで……このエリアにこれだけの兵隊と軍事力が必要なんです、それをするために憲法を変えなきゃなりません」みたいな具体的で現実的な説明って、一回でもありました? ないでしょ?
だったら、おかしいよ。
首相、首相のしもべたち。
憲法改正とか自衛隊再編とか軍備配備どうこうって、それって、あなた方のプライドを保ちたいという話しですよね。

わかりきった、見え透いたバカみたいな話。
なのに、県民の多くは自民党に投票する。

おじーちゃん、おばーちゃん。
あなたの自民党とのベタベタな癒着、それってアホ総理のアイデンティティや誇大妄想を補強し、強く支えることですよ? 気持ち悪くないですか? 地元に道路ができたからとか、空港や港を作ってもらったからとか、農林水産団体が生活を安定させてくれてるから……みたいな甘えにかまけてる間に、自分の子どもや孫が人を殺したり、殺されたりする制度になるかもしれないですよ? 
じぶんの人間関係と生業、利権しか考えてないと、そうなりかねない。

おじーちゃん、おばーちゃん。
まだ頭冴えてるでしょう。
自分の父や母が戦争でどんだけ苦しんだから、忘れたんか。

なぜ高齢者を中心に自民党支持が固いのか、考えてるけどよくわからない。
いまの日本は選挙にいく層、もっとも多いのが中高年の層。この層が自民党支持だといつまでも変わらない。議論の場も作らず、国会のルールも無視し、ごり押しするための体裁を整えるばっかりの政府および自民党、公明党のファウル連続の国会プレー。主審がいないのでレッドカードが出ない。しかも一票の格差がクソみたいに開いてて、司法は「違憲状態」と判決を下してる最中の議員の数が、なんてこった……あたりまえのように正当化され、また同じように違憲状況下で改善もなく、選挙やろうとしてる。
三権分立の機能、どこいった。

おじーちゃん、おばーちゃん、なんで自民党なんですか? 安部首相でいいの? あなたの判断、選択、それってあなたの家族のためになってるんですか? まじヤバイって考えてる?

ほんとに家族を守る、自分を生き延びさせる具体的な方法はなんなのか。
ミサイルや戦闘員・兵器の配備じゃないでしょ。
武器のあるところには武器が飛んでくる。戦闘員には戦闘員がぶつかり、それ以外の人間が多く死ぬ。ココン東西、世界中で繰り返されてきた悲劇じゃないですか。
戦争ができる国になるより、戦争を絶対にしないという国のほうが国際戦略的にだってメリットが大きいはず。

おじーちゃん、おばーちゃん、これって間違ってますかね?
あなたの親やオジサン、オバサン、近所の年上の人たちも、軍に軍を、兵に兵を、国に国を、戦闘に戦闘をってサイクルに巻き込まれて殺され、殺したんじゃないんですか? 
そのツケを日本にしても70年も80年も経っても払い終えられなくて、近隣諸国との間にいろんな問題がくすぶってて、結局、北朝鮮がミサイル打ったり、中東でテロ組織が人質とったりと戦闘行為を繰り返されてる。欧米がそれに報復する形で仕返しをする。あたらしい憎しみが生み出されて、いつまでも殺し合いが終わらないのでは? 

自治体と、自民党と、癒着してる場合ですか? 
お迎えが来る前に仕事が残ってるよ、癒着型のお年寄りのみなさん。
あなたたちに今のまま死なれたら、これから生きてかなきゃならない世代が、あなたの子供や孫が困るんだ。
エンディングノートを書くのは、この点を考え直してからにしてください。


sayler_4_905.jpg


●最初だけの人
名刺交換して「へー! すごいですね!」と叫ぶような感じ、つづいて若干へりくだった調子で「こんど飯行きましょうよ!」とか「お酒呑みます? 近々どうですか?」ってタイプの人には気をつけている。
話の進みが速く、そこはかとなく期待感を煽り、「あれ? おれってなかなかイケてる?」なんて浮き足立つような風をビュンビュン吹き付けてくるので調子が狂う。
なによりも、進めていた企画が信じられない拍子でボツられたり、一度会ったとき、相手の金にならないOR役に立たないと思われたら用済み、次回の顔合わせ時には塩対応で、素知らぬ振りをキメてくる。
またヂンポに毛も生え揃ってなかった20代の頃、どれだけ振り回されたことか……時間と金、言葉の多大なる浪費。おお。デカダンス!
いまは初対面から調子よく喋ってくるタイプに会ったとき、おっとこの手のタイプは用心すべし……と心のなかで相手のおでこに「最初だけの人」というシールをペタッと貼る。
こないだ、仕事のエリアがかぶる人がいて、どうしても呑みに行かなきゃならなかったんだけど、ああやっぱり! 笑える!ってくらいひさびさに「最初だけの人」だった。
呑みの席の次に会ったとき「あんた、別人?」って豹変振り。
相手の狙いはわかっている。11月だろ? カスが! 馴れ馴れしく連絡が来るはずの秋だろ!
ほんと面の顔厚いなオマエ~って人、「最初だけの人」ってどこにでも生息してる。


sayler_5_905.jpg


●話の長い人
「最初だけの人」は基本的にこっちを立てまくってくるが、それは印象に基づく推論であり、つまりおれの話をほとんど聞かない妄想→自分語り。聞いてるのもくたびれるので早々に切り上げたい。
同じようなタイプに「話の長い人」というのがいて、この人らは最初から自分の話をガンガンしてくるっていう割り切れた自己愛・自己中心型。
また始まった……とうんざりしながら付き合って、くたくたになってる人もいるのでは?
取引先の社員、同僚、顔見知り程度の知り合い ―― もしも上司がこのタイプだったらストレス半端じゃないですね。
日経新聞にちょっとした記事が出てました。
「話の長い人」には「へー、そうなんだ。ほうほう、分かります! 大変ですよね。あ、ちょっと時間なくって、すみません。また!」のテンプレで納得してもらえるらしい。彼ら彼女らは基本的に共感が欲しいので、キラーワードは「分かります!」とのこと。

トワイエ、長ったらしく自分を語って来る人とお付き合いは、たとえ金銭や仕事、人脈的な旨味をもたらすツテ/コネになり得ようと「絶対にノーサンキュー」って硬派な方は、そんなタイプと対面した瞬間「(コイツいつも自分勝手に喋ってくるメンドクサイ人だな……)急いでるので、失礼」の一言で済み、回りくどい口上は不要でしょうね。
おれもこっちが性に合うわ。

それが相手を逆上させる? 知ったことか!


s1hqqd.jpg


● ワ ガ フ リ ナ オ セ
いちいちメンドクサイ型の人、勝手に喋り続けて人の話を聞かない人と付き合うくらいなら、赤貧暮らしでいい。じゃなかったら、なんのためにフリーランスになったんか。フリーになったことで生活困難に陥った。けど、立て直すのに苦労してもいい、気の合わない連中に向けて笑顔をつくりながらやりすごすなんて無理だったんだからしょうがない、フリーになって同じこと繰り返すなんてナンセンス。

……あ?
なんかイライラするってことは、ひょっとしたら自分が「最初だけの人」や「話の長い人」になってるのか?(笑)。

日常生活では、相手の表情もリアクションも無視して、延々とひとりで喋り続けるなんて出来ないので(むしろ、喋ることがなくて黙ってることになり、なんか場の空気……社内・車内の空気が重てぇなって気づくこと無数だから)、その線はまぁ無いとしても、「最初だけの人」は、そうだなー、あるかもな。

言い訳、その1。
「仕事柄、しょうがないとこはある」
でたね、「しょうがない」(笑)われながらクソワードですね(笑)
いやー。というのも、パッと顔を合わせたとき、それなりの清潔感や信頼感、解放感を持ってもらえなきゃ成り立たない業態なんです。じゃないと仕事にならない。打ち合わせができない。すくなくとも相手に対して失礼のないようにすることと、できるだけ心地よさやリラックス、風通しの良さを感じてもらわないと、お互いのとっていい結果にならない業務だし。
となると「最初だけの人」は職業病に罹ってるのか……。

もしも、初対面のとき、自分を全解放してたらどうなるんだろう。
それでも、いまの仕事続けられる……?
無理(笑)
100人と顔合わせして、忌憚なき声をガンガン発したら、100人の内1人、2人とはガッチガチにシンクロするだろうけど、99回は失敗する。それじゃ絶対に仕事にならない(笑)

でもそっかー
じゃ、あの人も、あの人も、ああ……あの人も?
そんな感じ、仕事モードでおれに会って、「最初だけの人」って、しぶしぶやってた(やらなきゃならなかった)のかな。
かもなぁ。
だとしたら仕方ないなとか、必要にかられてたんだなとか、必死だったのかなとか、癖になってるんだなとか、処世術・仕事術かとか思う。でも、そういう「食うため・金を稼ぐため」のモードを、プライベートに持ち込むのは、いかがなものか。

仕事の上で、相手に失礼のないように業務をすすめるペルソナの形成は、おれだってしてきたし、それがないと業務が滞る。仕事でつながってる他人にも迷惑をかける。だから、あなたたちの行為もわかるよ。あの取材の件、あのセミナーの件、あのイベントの件、あの旅行の話しの件 ―― ぜんぶ業務上の「最初の人」の行いだったんですよね、みなさん。ただ、それならそれで、仕事の上に限ってくれればよかったんじゃないですか? 食事とかお茶とか、呑みの席とか、プライベートでの多数の連絡とか、そのなかでの神輿担ぎとか必要でした? その気にさせておいて、あんまりなんじゃないですか?
仕事上の人格は私生活やオフに持ち込まない、使わない、作らないの非三原則。

つまりは武装反対!













s3.jpg
関連記事
スポンサーサイト
ミサイルケランガル

Comments 0

Leave a reply