バガボンド和歌山

三十路ピーターパンの着流しスケッチ

【 トワイエ0007 】ヒューマンストライク

0   0

s21.jpg


今日も一筆書きで進む。


【 9/3『日曜美術館』から(要約) 】
日本の「家族構成」は昭和の中ごろまでは「大家族」が多く、しだいに「核家族化」してきた。

でも現代の家族って、どんな顔ぶれ? 
親類じゃない他人が加わってたりする? 
どういう暮らし? 
会社通いではなく自宅作業をしてる人が中心、あるいは複数?
自宅を事務所にして、そこへ従業員を招き入れている業態・生活形態も?

ゲスト解説の建築家が、こんなことを言っていた。
「新しい建築は、既成の価値観に馴染まず、自分らしいカルチャーやライフスタイルを作る、いわば新しい人々の要請に応える形で生み出される。(ただ、彼らは自分で新しい建築をイメージしているわけじゃないし、ライフスタイルにしても模索しながらやっているようだ。そういう状態を間近にしたとき、専門家はインスピレーションが湧くし)私自身、そういう人に出会って初めて、現代の建築がイメージできた」

誰かおれの建築、心の批評や分析、適したフォームや仕事のしかたを見付けてくれませんか、と口にすると嗚咽しそうになる。心からお願いしたいことであり、どうしたらいいか皆目見当がつかなくなってしまったから。とても、とても困っているから。


s31.jpg


【 MTG 】
提出したビジネスプランの詰めが甘いのはわかっていた……プラス、生活スタイルとか、生き方についてガンガンだめ出し。

ぬるくやってきた(わけあってこうなった)ので言われるのは当然なんですが「A.今日はそのつもりじゃなかった(別件で伺った)ので、人生相談を受けてもらう心づもりがなかった」&「B.9月から収入源を見付けてそこにトライしようとしていた」ために不意をつかれた。

内容はそれもこれも仰るとおりでございます! もっともです!って指摘が大半、あとは、おれが事情を話しきれてないのでやりとりが遠回りになってしまうというか、先入観で物を言われてるのだけど誘発してるのはおれの態度や生き方なんだよなって感じ。

せっかくの機会なので言い訳はしないと決めていた。おかげでノーガード、お二人のダメ出しアロー(矢)が全身に突き刺さってクラクラしてくる。

いてぇ……


s6.jpg


見込みはある。
将来性も潜在能力も感じる。
マジメだし。
応援したい。
でもいまのままじゃ食えないだろ? 
みんな心配してるよ。
ライフプランどうなってる? 
それがないとキャリアプランだって作れない。
本当にやりたいことってなんなんだろう? 
はっきりさせて、逆算するかたちでキャリアを積み重ねないと、あっというまに時間だけが経っていくよ。
いまやろうとしてるのも、ほかの仕事で稼いでからじゃないと形にするのは難しいよね。
やりたいことはないの?
うそだろ?
とりあえず40歳、50歳、60歳の願望から考え始めればいい。
30代もしんどかったかもしれないが、40代もしんどいぞ。
とりあえず就職してコネと自力をつけるのがいいんじゃないか?
やりたい会社を見付けて。自分でオファーして。
結婚しなよ。




s3.jpg


いま言われるのしんどいわー
わかってるけどさあ……
アドバイスって受け取る人間のメンタルが正常なら効果あるだろうけど、おれみたいにウツの波が続いてる状態だと、グサグサ刺さってきて、それ、自分でヌケなくて困る。

内容も、やっぱり、セオリーに乗ったり、ルートに人生預けられて、かつ精神的に健康な人の考え方。そういう生き方が出来たなら、こんな人生になってないんだよなぁ。

だったら相談になんて行かないで、小説のように、自分の生き方についても、自分なりのフレームやテクニック、構造を作るしかない。

……いや、ほんとそうなんです。
そうなんだけど……見つからない。
前にもまして、どうしたらいいかぜんぜんわからなくなった。
決断や判断、計画はどれもこれも大間違いって結果が続いてて、やることなすこと「斜め上」になる。
社会生活もままならなくなってきた。心も体も辛い。

MTGしててもショックが続き、いやー、最後のほうは気絶しそうだった。
Aさんとふたりで喋るといつも通りなんだけど、これってあの人が本音をオブラートに包み、おれを傷つけないように……高いプライドを刺激しないように……あまりはっきり言わないからゆったりしたやりとりになるだけで、本音はSさんと同じだろう。

夢見がちで甘ったるくて、現実逃避してる甲斐性なし。
どうしてこんなクズになってしまったんだろうな。


S0022018.jpg


【 ヒューマンストライク 】
帰宅後、翌日?
予想通りグロッキー。思い返すのも辛い。

なんにも手に付かないし、消えたいし、なにやってもダメでどうしたらいいんだろうな……とか、暗いあなの奥の方で、なんにも聴こえない。誰もいない。おれだけ。温度も明度も、なにもない。ぼんやりというより、感覚が絶えて、自分まるごと穴になったような気分だ。

はやりのバードストライク?

いや、いうなればヒューマンストライク。

ウツの渦に飲み込まれたら最後、ミキサーの刃のように回転するプロペラに切り刻まれるのに意識は飛ばず、激痛を感じ、叫び声を聞く。おそらく、どちらも自分のものなのだろうな……という自覚、痛覚や鼓膜が破れそうな不快感、ばらばらになりながらまとまらない。まるで人生のようだ。

心がステンドグラス? どちらかというとブチ破れてバラバラになった窓ガラスみたいかも。
しんどい。この心境、この有様になんか意味があるのか?
さんざんやらかして、迷惑かけて、がっかりさせて、うんざりさせて、嫌な気持ちにさせて、さみしい思いをさせて、時間を無駄にさせた ―― そのブーメランが突き刺さってるのか。

因果応報。

そう思うと、こんなもんじゃないよな、償いきれないほどやらかしてきたしな、と少し、痛みにそなえられる。

















関連記事
スポンサーサイト

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://bibobibobibo709.blog.fc2.com/tb.php/198-ac2fd05b
該当の記事は見つかりませんでした。