バガボンド和歌山

ARTICLE PAGE

四月は君の嘘/新川直司

SnapCrab_NoName_2017-9-30_1-24-8_No-00.png

四月は君の嘘/新川直司
------------------------------------
母の死を境に弾けなくなっていた天才ピアニスト中学生が、破天荒な同級生女子のバイオリニスト《ヴィルトゥオーソ》と出会い、世界への感性と音楽への情熱《カラー》を甦らせる青春ストーリー。

この絵柄だと少女マンガ出身? うまいよなー少女マンガで結果残す漫画家は。女の漫画家ってデビューしたときから、ほとんどスタイルが完成されてて、どうやったらこんなに早熟でキマるんだろな。ストーリーや設定、キャラクターをまとめるセンスがあるし、これでたぶん20代とかなんじゃないの? やばなーなんて思いながら読んでいたけれど作者は新川直司さん、男性の漫画家だった。

魂が砕けるほどの挫折にしても天才のパフォーマンスにしても、「純粋」を意味するところが大きいので、こういう作品は必然的に主人公が思春期の年代、イノセントワールドで生きる中高生になりがち。だけど、その急所として「中学生や高校生が、ここまでモノゴトを考えられるかな? 反省や教訓を得ての再生にしても、こんなふうに見事に甦ったり、確固たる自意識を獲得して立ち上がるかな?」という疑問を生じさせがち。

この作品と同じ内容で主役を20代中盤、あるいは30代の音楽家の群像を描いたら、どんな作品になっただろう。新川さんだったら、おそらく ―― なんて妄想しながら読みました。

おれは、ちいさな棺桶は直視できません。







関連記事
スポンサーサイト
四月は君の嘘新川直司マンガピアノクラシックバイオリン少年少女中学生思春期

Comments 0

Leave a reply