FC2ブログ

バガボンド和歌山

ARTICLE PAGE

【 映画 】イヴ・サンローラン(2010)

SnapCrab_NoName_2018-12-22_3-16-33_No-00.png


------------------------------------------------------------------------

『イヴ・サンローラン』は2010年、フランスで製作されたドキュメンタリー映画。
狂言回しはピエール・ベルジェ。サンローランの親友であり、ビジネスパートナーであり、仲間であり、相棒であり夫であり妻であり、奇跡的な恋人であり、そして運命だった男。
サンローランと共に集めた美術品のオークション出品を決め、2人で暮らした屋敷を整理するベルジェ。文豪・プルーストが『失われた時を求めて』で描いた名場面 ―― 紅茶とマドレーヌの匂いにほだされ、追憶の世界に導かれた主人公のように、ベルジェは運び出されるコレクション品に感化され、サンローランとの日々を回顧する。繋ぎ合わされるのは時代を彩り、ともに生きた人物の証言と歴史的な映像だ。
在りし日のサンローラン、その巨像が浮かび上がる。


------------------------------------------------------------------------


お集まりの皆様
今日私は 心からの想いを込めて 重大な発表をいたします
私の人生及び 職業に関することです

私は18歳でディオールのアシスタントになり 21歳で後を継ぎました
そして1958年 最初のコレクションから成功に恵まれました
あれから44年が経とうとしています

以来 ずっと仕事に全てを捧げて生きてきました
誇りに思います

世界中の女性が パンタロンスーツやスモーキング ショートコート トレンチを着ています
私は現代女性のワードローブを創造し 時代を変革する流れに参加したのです

うぬぼれるようですが 私は昔からかたく信じていました
ファッションは女性を美しく見せるだけではなく
女性の不安を取り除き 自信と自分を主張する強さを与えるものです

人は生きるためとらえがたい“美”を必要とします
私はそれを追い求め とらえようと苦しみ 苦悩にさいなまれ 地獄をさまよいました
恐れや耐えがたい孤独に怯え 精神安定剤や麻薬に頼ったこともあります
神経症に陥り 更生施設に入ったことも
でもある日 迷いから覚めて立ち直ることができました
プルーストは書いてます
“極度に神経質な 痛ましくも すばらしい 一族に属する”と

望んだ“一族”ではないですが そのおかげで 私は“創造の天国”に昇れたのです

ランボーが言う“火をおこす者たち”と接し 自らをみいだし 知りました
人生で最も大切な出会いは 自分自身と出会うことなのだと

しかしながら 私は今日 心から愛した この職業に 別れを告げます


(イヴ・サンローラン 引退のスピーチ)


f154539159967913_resized_20181221_082654528.jpg


サンローランはクリスチャン・ディオールで数回、コレクションを成功させた後、アルジェリア戦争のために兵役につく。でも、不適合者として独房に入れられる。

公私共に絶対的なパートナーだったピエール・ベルジェが面会に行く。当時 ―― ディオールの幹部は右翼だった。戦争にいけないサンローラン。戦えないサンローラン。そんな弱虫は会社に要らない。サンローランは解雇される。

入院していたサンローランに、ベルジェは会いに行く。サンローランが言う。
「メゾン立ち上げよう」
じっと耳を傾けるベルジェ。
「ふたり、一緒に」

1962年1月29日だった。パリ・16区。その静かな通り。モンテーニュ通りの華やかさには程遠かったらしい。
「開業資金がないので仕方なかった」とベルジェ。でも「とても上手くいった」。初のコレクションは大勝利だったらしい。

映画に挿入される記録映像。60年代までは、ほぼモノクロ。写真もそう。なのに華やかなのは構図のよさ、それと、サンローランがフォトジェニックだから。甦りしギリシャの神々を写したら、こんな感じで映えるのかもしれない。


f154539159971030.jpg


好きな詩人は?
「ピエール・ベルジェ」

理想のヒロインは?
「私のモデルたち」

この世の幸福は?
「満ち足りた大きなベッド」

男性で好きなところは?
「体毛」

女性で好きなところは?
「魅力」

あなたの性格の特徴は?
「優しさ(笑)」

友人達に感謝する点は?
「楽しさ(笑)」

理想の幸せは?
「満ち足りた大きなベッド」

一番の不幸は?
「ハゲること」

天から与えられたいものは?
「豊かな美しい髪」

理想の死に方は?
「満ち足りたベッドで(笑)」

今の精神状態は?
「とても陽気(笑)」


f154539159973295.jpg


<ベルジェ>
1968年 たまたまある夜オデオン座にいた時 学生たちに占拠された
すぐパリを離れ なんとかマラケシュへ 飛行機も飛ばず ガソリンもない
フランソワーズ・サガンが 自動車修理工場の経営者を知っていた そこで私たちは車で ブリュッセルへ
そこから飛行機でマラケシュへ

2ヶ月後 イヴは大胆不敵なコレクションを発表し “オートクチュールは死んだ”と言った
だがその2年前 すでにプレタポルテを手がけている イヴ以前には どのクチュリエもプレタをやっていない


<サンローラン>
お金のない若い人向けの 服がないと言われる
でも私はそういう意見に反対です
だから……未来のためそんな状況を変えようと思う

―― 新作をデザインする時何を目標にします?
「人を幸せにすること 気に入った服を着ていれば みんな幸せになれる それが私の……英語で何て言うか……」



------------------------------------


2人が過ごし、2人が暮らした家、屋敷、別荘。壁一面の絵画。ピカソ、ブラック、マチスにモンドリアン ―― 名画に彩られている。家具やオブジェにも統一感がある。一級の職人の手による製品。素材も加工もすばらしい。デッドストック、アンティーク。脚や土台から伺うに、100年、200年前の家具も多い。いくら値段がつくのか見当もつかない。エレガントでハイセンス。だけれど、中には気色の異なるものがある。ブラックアフリカ、南アジア 中東 ―― それも、かなりの数だ。ほかにも骸骨だったり、骨だけのおもちゃだったり……エキゾチックな趣味。


------------------------------------


80年代から90年代。神経症に苛まれるサンローラン。メディアの前から姿を消した。その裏にあった事情とは?

<ベルジェ>
すべて試した でも彼が望まなかった
年に2回ほど ランウェイの後 半日くらい 彼には明るさが戻った
でもそれ以外は ずっと沈んでいた

名声とは幸福の輝かしき葬列 ――
まさにイヴを表している

1990年はイヴにとって大事な年だった
彼も私も隠そうとはしなかったが 彼はアルコールとドラッグに頼る傾向にあった
だが1990年に依存症を克服する治療を受け それ以来 アルコールにもドラッグにも手を出さなかった
そして彼は再び仕事に集中した

まさにこの時代に
1990年代とそれに続く数年の間に
ファッション業界は完全に変わってしまった 完全に


<シャンソン> 
今よみがえる遠い思い出
心に残る恋の面影

初めてのデートの喜び
初めての失恋の悲しみ

私はまだ15歳

無垢な心 幼い膝頭
背伸びした少女の
微笑ましい初恋
それとも情熱の恋

あれから何度となく
愛してると言ったけれど
一番美しい思い出は
あなたとの恋



<ベルジェ>
仕事への意味を見失いイヴは引退した
ファッションは商売人の手に落ちたのだ
引退を決めたのは 正しかった
とても明晰で知的な判断だ そして慎み深い



f154539159975155.jpg


あのパリの朝は
清らかで美しく
私たちは出会った

君は初めての戦を終え
そして 栄光を見つけた

それ以来 栄光は決して君から離れなかった

どうすれば想像できただろう

あれから50年の後 
再び ここに立ち
君に最後の別れを告げる日が来ようとは

君への最後の言葉
イヴ……最後の語りかけ

まもなく 君の遺灰は
君を待つ安らぎの地へ旅立つ
マラケシュのマジョレル庭園へ

君への想い
もはや聞こえぬ君
もはや答えぬ君

思い出は永遠だ


(弔辞/ピエール・ベルジェ)

------------------------------------


“イヴサンローラン パリ フランスのクチュリエ”
ORAN 01・08・1936
PARIS 01・06・2008

(墓石に)


------------------------------------


▼映画『イヴ・サンローラン(2010)』
関連記事
スポンサーサイト



Comments 0

Leave a reply