和歌山バガボンド  ~読書と木工、ときどき空想~

黒髪ボブの三十路ピーターパンがWakayamaライフを着流しでスケッチ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

小説修業/小島信夫・保坂和志(2001

0   0





小説修業/小島信夫・保坂和志(2001
------------------------------------
●思考はしないカフカの散文
小島 ―― カフカの散文が思考を述べることは滅多にない。人物たちは存在し、ものを言い、ものごとを経験しはするが、思考しはしない。少なくとも、われわれには彼らが何を考えているのか分からない。 ―― 丁度、悪夢や芝居の場合のように。それはただ場面と対話だけを通じて機能する散文なのである。













関連記事
スポンサーサイト

Category :

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://bibobibobibo709.blog.fc2.com/tb.php/40-9b699aec
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。