バガボンド和歌山

ARTICLE PAGE

『ともだち』という単語について

P5103893.jpg


親しい他者を言い表す単語に「友」という語があり、そこに「達」がついて「友達」なのだから複数形のはず。しかし、この「友達」は一人の友を言い表す言葉としても使われる。
一人の友を言うのなら「友人」というべきなのでは?

調べたら日本語には単数と複数の概念がないという答えが見つかった。同じように単数と複数のどちらでも使われる単語として「こども」がある、と。また、古くは「達」が敬称だったという研究結果もあるらしい。

「単数と複数、どちらでも使えるのが日本語」という説明が妥当かどうかわからない。「達」というのは目上の人物を敬う語でもあったという説の裏づけにもあたってない。ただ、そんないきさつや謂れがあったのかもと思うと、どうでもいいことのように更新されつつある。おれは一人の友についてなら友人と言いたいが、相手に強いることでもない。相手が何を言おうとしているのかは話(文章)のなかでアテがつけられる。わからなければ聞けば済む。

腹が減ったので飯を食いに行こう。
ともなう友人はいない、友達もいない。
子供の日なら五月五日に終わった。



関連記事
スポンサーサイト

Comments 0

Leave a reply